うつ病薬の効果と副作用

薬局で処方されるうつ病薬

 

うつ症状の気持ちの落ち込みなどは、神経生理学的にバランスが崩れることが原因で起きます。これを正常な状態に戻すために使用されるのが抗うつ薬と呼ばれるうつ病薬です。

 

脳内の神経伝達系などに作用する治療薬で、最近主流となっているのがSSRIやSNRI、NaSSAなど、新しいタイプの抗うつ薬です。

 

 

うつ病の治療には、抗うつ薬の他に、向精神薬、睡眠導入剤などが使われます。

 

主なうつ病薬の効果と副作用

 

ジェイゾロフト(SSRI)

 

効果

憂うつな気分や不安感をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病や不安障害の治療に用います。

 

副作用

比較的安全性の高い抗うつ薬です。従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています。飲み始めの胃腸症状に対しては、吐き気止めや胃薬で対処可能ですから医師と相談してください。その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適します。

 

 

サインバルタ (SNRI)

 

効果

憂うつな気分をやわらげ、意欲を高めるお薬です。うつ病やうつ状態の治療に用います。また、別の効能として、ある種の痛みにも有効です。

 

副作用

比較的安全性の高い抗うつ薬です。おもな副作用は、吐き気、眠気、口の渇き、頭痛、めまい、便秘などですが、従来の抗うつ薬に比べかなり軽減されています。人によっては、尿の出が悪くなるかもしれません。とくに、高齢の人や前立腺肥大症のある人は要注意。そのほか、頻脈や血圧上昇も この薬にみられる特有な副作用です。脈拍が速くなったり、動悸を感じるときは早めに受診しましょう。

 

(引用:おくすり110番)

うつ病薬を使わずにうつ症状を改善する方法とは?

 

うつ病薬の代わりになっているというサプリメントで、実際に口コミが多く評価も高いのが、メンタル系サプリメントを専門に扱っているリラクルという会社が販売している『リラクミン』というサプリメントです。

 

 

”涙があふれて 不安で 落ち込み 憂鬱だったときなにかないかといろいろ探していました そしたら リラクミンクリアと出会いました ギャバ、トリプトファン、エゾウコギ、クワンソウ、セントジョンズワートなど成分も気に入りました 早速使用してみたら 効果あり 気分が明るくなって 心も安定して よく眠れました これはすごい これからも使用していきたいです。

 

 

その他の体験談と詳細についてはコチラ